不動産

マンション管理会社選びで変わる収益|ランキングの評判を確認

収益を高めやすい投資

住宅

効率的な管理が可能

マンション1棟買いは複数の部屋を所有することになる投資方法となります。なので不動産投資における大きなリスクの一つである空室リスクの分散化に効果があります。また、複数のマンションに1部屋ずつ投資物件となる部屋を所有する場合と比べてマンション1棟買いの方が管理を一元化できるため、管理費の効率化が可能となり、ランニングコストを割安に済ませることができるという利点もあります。より収益を高めるために投資物件の管理を自らの手で行っているオーナーであれば管理の手間も効率化できます。このようなメリットから、マンション1棟買いは不動産投資家に人気のある投資スタイルです。一方で、マンション1棟買いは投資物件の調達コストも大きなものとなりますので、そのための資金を確保することが投資を行うための第一歩となります。

売却時期の見極めが重要

マンション1棟買いを行う際に注意しなければならないのが、築年数が古くなって収益力が落ちる時期が全ての部屋で同じ時期に集中することになるという点です。だからこそ、収益力が落ちて、その時点での売却価格よりも今後の収益額が少なくなると考えられる時期の直前に売却をすることが理想となるのです。なので、築年数の古いマンションを1棟丸ごと売却する場合、簡単に買い手を見つけられるものではないという事情を考慮しておく必要があるのです。1部屋だけを売る場合は不動産投資物件を購入しようとしている個人や法人だけでなく、自らが居住する不動産を探している個人も購入してくれる可能性があります。一方で、マンションを1棟丸ごと購入するする個人には自らが居住する不動産を探している個人は含まれません。それ故、1部屋だけを売却する場合と比べてマンションを1棟丸ごと売却する場合はそもそも購入してくれる可能性のある買い手の絶対数が大きく減るのです。このような事情を加味して売却時期を的確に見極めることがマンション1棟買いに際しては重要なのです。